失敗しない転職先選びのための3つのポイント

現在職場環境に合わなかったり精神的な病気などの理由で転職を考えている人が多く見られます。

その中で一番最初に悩む問題が転職先選びについてです。次の職種はどうするか、給与面ではどのくらいほしいのか、病気について理解があるのかなど考え出すときりがないと思います。

そこで今回は、安心して転職ができるように3つのポイントに分けて選び方を説明していきたいと思います。

職種選び

1つ目として職種選びです。これは退職する前から考えておくべきものです。前職とにたことをしたいのかそれとも全く違うことをしたいのか。

先に何をやりたいか決まっていれば退職理由にも生かせますし転職先選びにも使えます。しかし、一つの職業をしてきた後で急に決めることは簡単ではありません。

私がオススメする選び方としてハローワークに登録して求人票をもらうことです。

最近はネットで求人票を掲載していることが増えてきましたが意外と同じような職種ばかりです。ハローワークからもらう求人票は地元の企業なども多くあり幅が広がります。

自分が好きなことがあっても結局求人がないことがほとんどだと思いますのでまずは求人票から少しでもやりたいことを見つけましょう。

そこからその職業について調べて掘り下げていくと必ず一つは見つかります。

福利厚生

2つ目として転職先の福利厚生です。言われずとも気になる項目だと思います。しかし、給与面ばかりにとらわれて他の部分を見落としがちです。

特に親睦会費など入社してから色々引かれて後々ショックだったという経験が前職であった方も多いと思います。当然大企業になればなるほどそういった会費などは毎月引かれることが多々あるでしょう。基本的なことしか書いていないのが求人票です。

深く知りたいのであればその企業の説明会に参加したり、あるいは企業関係者に知り合いがいるならばさりげなく聞いて少しでも具体的な詳細を把握しておきましょう。

すぐに辞める

3つ目として転職後合わなかった際に辞めれるかです。一番意識してほしい部分です。入社前からネガティブに思えますが実際に転職後合わなかったけれどまた辞めるのと後がないと追い込まれ病気になってしまう人がいます。

これでは転職の意味がありません。転職というのはあくまでも自分にあった職を探すことだと思ってよいでしょう。

だからといってすぐに辞めるのではなくある程度働いた上で考えることです。転職先を選んでいる時に企業の方と話す機会を作りそういった面も相談しましょう。

ストレートに聞くのではなく万が一病気をした際続けられなくなった場合の対処法などを聞いておくことでその会社がブラックかそうでないかも分かるので迷わずに話しましょう。

このように3つの点に絞り話してきましたがまだまだポイントはあります。失敗しないためにも前職と比較してより良い方向にしていきましょう。

転職は悪いことではなく様々な職種を体験できる良いことと捉えて人生の経験値として磨いていくことが大事です。以上失敗しない転職先選びについてでした。

コメント