【体験談】せっかく最終面接まで勝ち残ってきたのに・・私がやらかした最終面接での大失敗

大学職員の仕事に興味があったため、ある大学の中途採用に応募しました。

書類審査、筆記試験、一次面接、二次面接と順調に進み、残るは最終面接のみ!

新卒以来約8年ぶりの最終面接ということもあり、とても緊張しましたが、企業研究もバッチリ、志望動機や自己PRもしっかり言えるよう練習し、気合いを入れて臨みました。

部屋に入ると常務理事クラスのお偉いさんが3名と、書記らしき人が1名。

広い部屋で緊張感に溢れていました。

私は子供を出産するタイミングで前職を退職して1年程経っていたため、

「ブランクがあるようですが、不安はありませんか?」と質問されました。

今でも仕事の夢を見るほど生々しく当時の業務の事を覚えているので、
率直に「自分の中ではあまりブランクを感じておらず、そういう面での不安はない。新しい仕事にいち早く慣れるよう頑張ります」という趣旨のお話をしました。

今考えてみると、中途採用は即戦力になる人材かつ数名しか採用しないので、確かにブランクがある場合は採用側も躊躇するよなぁ・・と思います。
そういう点からすると、例えば「育児中もPCスキルを磨いてきました!」「英語力が衰えないように勉強を続けています!」

「コミュニケーション能力が衰えないように育児支援施設など新しい場所に出向き、様々な人との人脈を作っています!」など、

何かしら社会との繋がりを持っているよ、スキルアップするための向上心があるよ、といったアピールがもっと必要だったかなと反省しています。

また、これが一番やらかしたエピソードですが、面接の最初に「面接が終了したら、総務部の人間に終わったことを報告してください。」と説明がありました。

しかし、緊張感の中20分程の最終面接を終えた私は、退室した瞬間に「終わった~~!」と肩の荷が下りてしまい、

なんと総務部の人に面接終了の報告をするのを忘れて帰宅してしまったのです・・!!
やらかしたことに気が付いたのが、その日の深夜。もう後の祭りです。

一応、翌日に謝罪と感謝の気持ちを綴ったメールを採用チーム宛てに送りましたが、これは落ちたな・・と落胆していました。

上司の言ったことも守れないような部下と一緒に働きたくありませんよね。本当に反省です。完全に自分のミスです。

上記の大失敗をして、結果不採用でした。

皆さんも、面接の準備や受け答えももちろん大切ですが、あまり緊張しすぎず、当日言われたことをきちんと守るという基本動作も是非大切にしてください。

コメント