interview

【インタビュー】慶應SFCでデザインを学んだ四年間。それでも私がクリエイティブの道を選ばなかった理由。(前編)

LINEで送る

慶應義塾大学公認のドローンレースチーム、KART。TVなど各種メディアに取り上げられ、慶應内でもその存在感を強めている団体だ。そのPRを担う彼女は、慶應コレクション2015のアートディレクターも務めた慶應生クリエイター。遠藤澄絵って一体何者?慶應女子二人の会話から紐解く、彼女の素顔。

LINEで送る

慶應義塾大学にはいくつかキャンパスがある。
総合政策学部と環境情報学部を擁する湘南藤沢キャンパス(通称SFC)に通う生徒は、日吉・三田キャンパスのことを本キャンと呼び、SFC生と本キャンの人間が関わることは基本的にあまりない。

そんなSFC生の彼女と、三田キャンパスに通う私が出逢ったのは1年前。
彼女がディレクションしたロケに、私がカメラマンとして参加したのがきっかけだった。

「遠藤澄絵はコミュ力の鬼」誰もが口をそろえてそう話す通り、取材が始まってから話は盛り上がり続け、当初は1時間半程度の予定が、終わったのはなんと5時間後。
SFCと本キャンに通う、二人の慶應女子の5時間に渡る会話から見えてきた、遠藤澄絵という一人の女子大生と、彼女を育んだSFCという環境について。

遠藤澄絵:慶應義塾大学環境情報学部4年。上海で15年間の海外生活を経て、5年前に日本に帰国。高校ではビジュアルアートを専攻、その後SFCに入学し、2014年は慶應コレクションというクリエイター団体のアートディレクターを務める。2016年は慶應義塾大学のドローンレースチームKARTのPRとして活躍。そのPR力や中国語のスキルを買われ、様々なドローンビジネスに参加。イラストなども多数手がける。

ドローンビジネスでイノベーションが起きないのはなぜか

:慶應女子の潜入レポ「中国のシリコンバレー」深センの最新ドローン事情などなど色んなメディアに取り上げられたり、ドローンイベントに参加したり。すみえちゃんと言えば、ドローン女子って感じに最近なってるよね。

遠藤澄絵(以下遠藤):本当はそう書かれるの少し苦手なんだよね。なんとなく(笑)

:そうなんだ?!そもそもKARTってどんな団体なの?

遠藤:慶應公認のドローンレースチーム。ようはドローンのサークルなんだけど、ドバイや中国など世界各国のドローンレースに参加してる!

:そうなんだね~TVにも出たり最近すごく注目されているよね。すみえちゃんはそこでは何を担当していたの?

遠藤:マネージャーという形になってるけど、PRを担当してる。友達がやってたから手伝ってあげようって思ったのがきっかけだった。

:PRって具体的には何をしてたの?気になる。

遠藤:最初はドバイのレースに参加するのを目標にしていて。それに招待されるためには注目度などが大事になってくるのね。それでロゴ作って、動画作って、SNSを整えて。KARTを知ってもらうためにとにかくあらゆることをやったかな。行くって決まってからは、渡航費が必要だったから、色んな企業に行ってプレゼンして、スポンサーとなってくれるように交渉するってのをやった。行けるって決まってから、大会まで2週間しかないのに160万集めなきゃでめちゃくちゃ大変だった~。

:営業もできるんか(笑)。私ほんっとうにできないから尊敬する(笑)。友達がやってたのがきっかけだったって言ってたけど、すみえちゃん自身のモチベーションはなんだったの?

遠藤:知られてないものを広められるってめっちゃワクワクする。ただ、まだまだうまく棲み分けができてない業界で。みんなビジネスチャンスを狙ってるから、どうしても大人の政治的なものに巻き込まれてしまうかな(笑)。

:そうなんだ(笑)。ドローン今すごく注目されてるけど、すみえちゃんから見たドローン業界の将来ってどんな感じ?

遠藤:技術が発達すればビジネスチャンスが生まれると思う。だけど正直今の段階では、ドローンでビジネスするのは難しいんじゃないかなと思うんだよね。自動追跡機能とか自動運転機能が発達すれば、かなり可能性が広がる。4年後くらいになるんじゃないかな。私自身は、今はドローンビジネスは寝かしておいても良いんじゃないかなって思ってる。

:意外。今がチャンスなのかなと思ってた。

遠藤:やっぱり安全面がまだまだ弱いよね。卒論は「ドローンで何故イノベーションが起きないのか」をテーマにして書くつもり。技術がもう少し発達すれば、一家に一台ドローン、なんて日が来るかもしれないと思ってるよ。

ドローンの未来とKARTについて語ってもらった今回。実は高校ではビジュアルアートを専攻し、大学でもデザインを学んでいたアートな彼女。そんな彼女がデザインの道を選ばなかった理由ってなに?中編もお楽しみに!

この記事のライター

中本れみ

慶應義塾大学3年。バイト代のほとんどを、カレーとTSUTAYAに貢いでいます。最近はおじさんだらけの囲碁部に通い中。ストレス解消法は、日没二時間前のお散歩と、写真を撮ること。
Instagram<https://www.instagram.com/lemi_1994/?hl=ja

アート@神田の求人一覧
デザイン@田町の求人一覧

ユー&ヨーコのつぶやき

コミュ力の鬼だけあって話が面白い…!私も何かの鬼になりたい…!

ユー&ヨーコ

(ユーはすでに適当なコメントの鬼だよ…)

LINEで送る