2017年12月17日をもって「yuune」のサービスを終了させていただきます。
「yuune」をご利用くださいまして、誠にありがとうございました。

interview

【インタビュー】Seventeenモデル、江野沢愛美。小学生から働き始めた彼女の仕事観。(前編)

LINEで送る

「Seventeen」のモデルとして10代の女の子達から憧れの視線を集めている江野沢愛美さん。 彼女がなぜ芸能界へ飛び込んだのか!?。その理由を含め、江野沢愛美さんの「仕事感」を色々聞きました。 そこから見えてきたのは…。

LINEで送る

モデルのように可愛い仕草の女の子…いえいえ、モデルだから当たり前か。目の前にいたのは、気さくに、気軽に話してくれる明るい表情の女の子。
初めて会ったのに親しみを覚えるのは、色んな人達を無条件に包み込んでゆく優しさを感じたから!?
まずは江野沢愛美さんに、仕事を始めるきっかけから伺いました。

倖田來未さんに会いたくて「エイベックス 俳優・タレント・モデルオーディション」を受けました。

愛美さんが芸能活動を始めたのが…。

小学5年生のとき。きっかけは、倖田來未さんに会いたくて「エイベックス 俳優・タレント・モデルオーディション」を受けたことでした。

えっ!?、倖田來未さんに会いたいのが理由!?

そうです。芸能活動に少しは興味もありましたが、「やりたい」という意識は正直薄かったです。選考のときも、まわりの子達が夢を語っていく中、私はずっと「倖田來未さんに会いたくて受けました」と言い続けてました。なのに、なぜか合格しちゃったみたいな…。

倖田來未さんには会えました?

8年越しの想いが実り、昨年ようやく会えました。想像していた以上に優しい方で、嬉しくなり泣いちゃいました(笑)。先日もライブにお邪魔したように、事あるごとに声をかけていただけるのが嬉しくって。

倖田來未さんに会いたくてオーディションを受け、愛美さんはプロダクション所属の道をつかみました。当時は、どんな気持ちでした?

一緒に合格した子達は芸能界を目指していたように、歌やダンスのレッスン経験者も多ければ、明確な夢を持っていました。私は歌もダンスも経験がなければ、毎日のように続くレッスンを受けながら、「私、なんでここにいるんだろう」と思い続けていました。
あの頃はレッスンが本当に嫌いで、最初から色んなお仕事を経験させていただいてたにも関わらず、「どうしてこんなに忙しいんだろう」とずっと思っていました。

バタバタとした環境に最初から飛び込んでいたんですね。

合格してから最初の何ヶ月間は、毎日が目まぐるしすぎて記憶がおぼろげなくらい。この間、お母さんが管理していたスケジュール帳を見せてもらったら、あの頃は学校とレッスンと仕事の繰り返しで、一ヶ月の中、休みが3日しかないような日々。それくらい急に環境が変わりました。
あの当時は小学生だったように、まだまだ友達と遊びたい時期じゃないですか。レッスンに行ったら学校にはいないタイプの友達に会えるから楽しかったんですけど、でも「レッスンには行きたくないなぁ」と思う日々が続いてました。

まだまだ遊びたい盛りだもんなぁ。

そうなんです。友達は土日になると、みんなでプリクラを撮りに行ったりと外へ出かけていく。私は週末になるとレッスンやお仕事、そんな小学生・中学生時代を過ごしていました。

小学5年生のときの文集用の「将来の夢」の欄に「マクドナルドの店員さんになること」と書きました。

小学生の頃から芸能活動をしているように、愛美さんはアルバイトをやる時間も余裕もなかったんじゃない

そうなんです。でも、学校の友達がしている話を色々聞いたせいか、アルバイトをしたい願望はありました。
私、なんでそう書いたのか覚えてないんですけど。小学5年生のときの文集の「将来の夢」の欄に、「マクドナルドの店員さんになる」と書いていました。

そういう夢があったんですね。

私、ドライブスルーでヘッドホン型のマイクを使ってしゃべる店員さんの姿を「恰好いいなぁ」と思いながら見ていました。それと制服姿。だから、当時はそう書いたんだと思います。
 じつは私、小学1年生の頃からヘアメイクさんに…と言うか、「美容師」になりたい夢を持っていました。理由は、自分や他の子の髪を整えたりメイクをしてあげるのが好きだったからなんです。

今はヘアメイクをしてもらう立場ですよね。今でも、ヘアメイクさんへの憧れは持っています

メイクさんって、みなさん楽しそうにお仕事をしているように「素敵だなぁ」と思います。だけど、私は人見知りな性格だから「積極的に人付合いが出来るかなぁ??」と考えてしまいます。今でも友達にメイクをしてあげるように、ヘアメイクや洋服をコーディネートするのは大好きです。

モデルをやっていると、色んなヘアスタイルやメイク、ファッションを楽しめますよね。

みずから体験して楽しさを知っているせいか、誰かのためにコーディネートやプロデュースしていくことが好きですし、そういうお仕事にも興味は持っています。

今回は芸能界に入るまでの経緯、いわば江野沢愛美さんが仕事を始めるきっかけについて、お聞きしました。次回は、そんな彼女が「仕事」へ向かう意識や周りにいる友達のことについて、聞いてきました。次回もお楽しみに!

モデル@原宿の求人一覧
芸能@日比谷の求人一覧

ユー&ヨーコのつぶやき

「Seventeen」のモデル、江野沢さんがyuuneに登場!嬉しいな!

ユー&ヨーコ

写真、めちゃくちゃ可愛い…!続きも気になるね!

LINEで送る

Job Quicker - スポットのアルバイト検索・バイト求人