2017年12月17日をもって「yuune」のサービスを終了させていただきます。
「yuune」をご利用くださいまして、誠にありがとうございました。

interview

【インタビュー】編集、アパレル、スキルを身につけた仕事の現場。(前編)

LINEで送る

どうせ自分の時間をアルバイトに使うなら、お金も友情も成長も欲しい。今回インタビューを受けてくれた彼女は、どんなバイト先でも自分なりの学びを見つけるための秘訣を教えてくれた。ファッション誌の編集、アパレルのアルバイトを通して彼女が見つけたものは何だったのだろう。

LINEで送る

バイトの面白みは、自分とは違う世界に生きている大人から色々なことを学べること。
そう語ってくれたのは、今回お話を伺った慶應義塾大学4年生の原田ふくみさんだ。

私の知らない都会のビルの屋上にある公園。
そんな待ち合わせ場所に慣れた様子で現れた原田さんは、モノトーンだけど個性的なシルエットの服装に、外にはねたツートンカラーの毛先。
どことなく姉御肌なのが伝わってくる、柔らかだけど飾らない話し方。
「これからどんな話が聞けるんだろうか」。思わずワクワクした。

今夏、あるファッション誌の編集部への就職を決め、編集者として身を立てていくことを決めた原田さん。
1年生の頃からファッション誌の編集部で働き、3年生からアパレルでのアルバイトも経験。
どこまでも真っ直ぐに「面白い」追いかけて手にした仕事だ。

「経験から学ぶのが好き」そんな原田さんのバイト観から見えてきたのは、人懐っこい温かな人柄だった。

— 1年生の頃から雑誌の編集部でアルバイトをされているんですよね。以前から編集者に興味があったんですか?

そうですね。昔から本が好きで、編集者になりたいという気持ちがありました。一年生の頃、ファッションサークルに入っていたんですけど、そこで先輩に将来どんなことやりたいの?って聞かれて、「編集に興味がある」と答えたら、「いいバイトあるから紹介してあげるよー」となり。それで編集部で働きだすことになりました。

— そうだったんですね!そこではどんな仕事をしていたんですか?

ゴミを捨てたり、コピー機の紙を補充したり、電話対応したり、ずっと雑用です。リンゴの皮むいたりもしてました(笑)。編集部っぽいのは、撮影準備のお手伝いをやったり、外国人のモデルハントをしたりしたことかな(笑)。

— ええ〜面白そう!(笑)。めっちゃ度胸がつきそうです。

そうですね、度胸はとても身につきました。社員とのコミュニケーションも、最初は大人だからビビってたんですけど。今では普通に一緒に飲みに行ったりできます(笑)。あと、このバイトでは気遣いのスキルがなにより身についたと思います。

— 気遣いのスキル。例えば?

編集長が鉛筆を使うんですけど。朝必ず削っておくようにしています。他もそれぞれの社員のお気に入りの文房具は全て把握するようにしています。編集長もとても気がつく方なので、削っておいたことに対して「ありがとう」と他のバイトに言ってくださったことがあったみたいで。それが本当嬉しかった。
一度頼まれたことは大抵次号でもまた必要になるので、言われる前に用意しておいたり。海外特集の時は、事前に各種配送料を調べておいたり。先読みが当たるとよっしゃ!って思いますね。

— めちゃくちゃアンテナ張ってお仕事されてるんですね。

今はもう、意識的にアンテナ張らなくても気づけちゃうというか。目が育ったなと思います。このバイトは結構、体育会系な風土だなと私は思っていて。社員さんも厳しいし。でもおかげで社会で生きていくためのスキルが自然と身につきました。

— 今後原田さんは、編集の世界で生きていくわけですが、アルバイト経験で得たスキルが仕事に生きそうな実感はありますか?

すでにフリーランスエディターのアシスタントなどで、編集業務は体験しているのですが、今のところ直接的に生きることは実はあんまりないんじゃないかなと思ってます(笑)

— えっ!!同じ業種に就職したのに?

もちろん全く役立たないというわけではないです。ただ編集の仕事の本質は企画力と、いかにマメに連絡をとるかだと感じていて。そういう意味では役立たない。
けれど雑誌づくりの裏側を知っているおかげで、スムーズに仕事をはじめられたのは良かったです。電確、と言われてすぐ何のことかわかりますから。また、4年間プロの編集者を間近で見てきて、その仕事術を観察することができたのも今後役立ちそうかな。

編集部のアルバイトで得たスキルは意外にも気遣いの能力。社会で生きていくためのスキルと語る通り、編集の職に限らずどんな場面でも原田さんの根幹を支える能力になっていることを感じた。アパレルのバイトで得たスキル、さらにはアルバイトの面白味について語ってもらった次回も乞うご期待!

編集@大阪の求人一覧
アシスタント@銀座の求人一覧

この記事のライター

中本れみ

慶應義塾大学3年。バイト代のほとんどを、カレーとTSUTAYAに貢いでいます。最近はおじさんだらけの囲碁部に通い中。ストレス解消法は、日没二時間前のお散歩と、写真を撮ること。
Instagram<https://www.instagram.com/lemi_1994/?hl=ja

ユー&ヨーコのつぶやき

気遣いのスキルを身に付けてるってすごいなぁ。あれ、ヨーコ、最近太った?

ユー&ヨーコ

(ユーにも気遣いスキルを身に付けてほしい…)

LINEで送る

Job Quicker - スポットのアルバイト検索・バイト求人