2017年12月17日をもって「yuune」のサービスを終了させていただきます。
「yuune」をご利用くださいまして、誠にありがとうございました。

interview

【インタビュー】アートに活きた、花屋で学んだチームワーク。(後編)

LINEで送る

お花屋さんでのアルバイトを通して、チームプレーが得意になったと話してくれた福田さん。後編では、アルバイトで身につけた力がいかに役に立っているのかについて聞いてみます!

LINEで送る

お花屋さんのバイトを通してチームで働く力がついたと話してくれた前編
後編では、その力が今どう生かされているのかについて聞いてみました。

お花屋さんで働いて、チームプレーが上手になったとのことですが、他に成長したことってありますか?

まず、作業の優先順位を決められるようになったことですね。お花屋さんでは、接客をしながら花束とつくったり水を変えたりと、同時並行で色んな作業をしなければなりません。最初の頃は苦手でしたが、次第にできるようになりました。

たしかにお花屋さんの仕事ってマルチタスクですよね。他にもありますか?

それから、人に仕事を振れるようになったことですかね。以前は、人に仕事を振る機会もありませんでした。仕事の量を見て、ここまでは自分でできて、これ以上は無理だから人に任せよう、と判断できるようになりました。

その力、ほかの場所でも生かせそうですね。

そう思います。大学の友達と2 人で組んでデジタルアート作品を作っていたのですが、そこで生かせました。私が何をいつまでにやるから、あなたは何をいつまでに作って、とうまく分担をすることができました。その結果、コンペに出した作品が高く評価されました。

すごい!それって、お花屋さんでの経験が生きてるんですか?

そうですね。メンバーで状況を確認して、作業を分担する。誰がいつまでに何をやるかのスケジュールを管理しながら、一つのものを作り上げる。これはお花屋さんと一緒ですね。

たしかに!ちなみに、どんな作品を作ったんですか?

自分をスキャンして3Dデータをとって、等身大の人形を作って、それをドローンにぶら下げて飛ばしたりしてました(笑)

シュールだ(笑)めちゃくちゃ面白いですね!他にもお花屋さんでの経験が生かせたことってありますか?

今働いている制作会社でも生かせてると思います。何の部品があるのか、今誰が空いているのか、現場の状況はどうなっているのか。こういうことをきちんと報告し合って全員が把握しなければなりません。「ほうれんそう」の大事さも、お花屋さんのでアルバイトで学んだことだと思います。

なるほど。お花屋さんでのアルバイトの経験は、福田さんの大学生活に大きな影響を与えたんですね。

そうですね。お花屋さんでのアルバイトを通して、「圧倒的な成長」を遂げることができたと思っています。良くも悪くも社会の中での仕事の速度にのまれて、その速度に慣れることができました。厳しい場所に身を置いたからこそ、仕事力が身に付いたと思っています。実際、お花屋さん以外の生活でもその速度で仕事ができるようになりました。

これからアルバイトをする人に向けてメッセージがあればお願いします。

自分の得意なことが何か考えてからバイトを探した方がいいと思います。黙々と作業するのが好きなタイプなのか、チームプレーが好きなのか、とか。部活などを通して分かっていることもあると思うので。もっと伸ばすことができるとができると思います。

お花屋さんでのアルバイトを通して、大きく成長をしたと語ってくれた福田さん。そこで身につけた仕事力は、他の仕事をする上で強みとなっていることが伺えた。

フラワーアレンジメント@渋谷の求人一覧
ギャラリー@東京の求人一覧

この記事のライター

さねあつこ

荒俣宏さんみたいな人になりたいです。
twitter<https://twitter.com/trhbi

ユー&ヨーコのつぶやき

自分の人形をドローンで飛ばしているの不思議な光景だったなぁ。

ユー&ヨーコ

お花屋さんの仕事がアート制作に役立つなんて何がどこにどう繋がってくるか分からないね。

LINEで送る

Job Quicker - スポットのアルバイト検索・バイト求人