interview

白衣が意外すぎるラガーマン東大生が語る、部活と研究。(後編)

LINEで送る

部活と研究、どちらにも妥協せず本気で取り組む菅家さん。生まれ変わっても理系が良い、生物の神秘に惚れたという彼の研究に対する思いをインタビューしてまいりました。

LINEで送る

前編では部活と学業の両立にも悩んだというエピソードをお話ししていただきました。
生物の神秘性に惹かれるという東大ラグビー部の菅家さんに、後編では研究と就職についてお話ししていただきました。

菅家さんは農学部で研究をされているそうですが、高校の頃は生物選択ではなかったそうですね!ラグビーといい、農学部への進学といい、大学から始めたことが多いことに驚きです。

僕は高校では物理・化学選択だったけど、大学入ったら絶対に生物を勉強したいと思ってたんです。

なにをきっかけに生物に興味を持ったんですか?

高校1年の時にかじった生物の授業で「生物ってよくできてるなあ」と思ってからですね。

「よくできてるなあ」とは?

神秘を感じるんです。
人間が意図的に作ってできた高性能な機械を見て「よくできてるな」というより、生物は長い年月をかけて自然にそうなっているというところに興味を持ちました。

確かによくできてるなと思いますね。わたしも生物選択でしたが大学でも学びたいとまでは思えませんでした…。主な研究内容は何を?

不妊の観点から卵巣の研究をしています。一言で不妊といってもいろんな原因があるのですが、その内のある一つを研究しています。現在、不妊治療のニーズが高まっていますが、実は不妊は人間だけでなく家畜においても問題となっているんです。
人間はもちろん、家畜の不妊問題解消のために卵巣の研究は必要だと思っています。

人間だけでなく家畜の不妊も問題になっているとは知りませんでした…。そもそもなぜその研究をしようと思ったんですか?

そこに関しては、意外と生物の研究ができれば何でもよかったんです。生物のなかでも昆虫より哺乳類の研究室の方が雰囲気が良くて、教授についていきたいと思えたのも決め手のひとつですね。

生物にかかわることができれば意外と研究内容には深いこだわりはなかったのですね。研究でのやりがいなどあれば教えてください。

綺麗なデータが出た時はやりがいを感じますね。

データの中での、綺麗の定義とは?

誰がどう見ても、そうだよねと言えるデータですね。研究は最終的に人に見てもらってそうだよねと言ってもらえなきゃいけないので。

なるほど。先ほどからずっと研究のお話をお伺いしてますが、研究している姿があまり想像できないのですが…。

う~ん、確かに。卵子の研究をしていると言うと「意外だね。」と言われることもあります。
でも、これでも手先は器用なほうなんですよ!(笑)

がっしりとした体でピンセットや器具をつかって細かい作業をしているなんて想像できないです。ラグビーやっているときは声を荒げて、研究では静かにもくもくと…。どちらも菅家さんですが、すごく興味深いです。大学卒業後はどうする予定なんですか?

院に進みます!スーツを着て会社に勤めるイメージはもともとなく、研究をやりたかったので!

では院を出て就職、ではなく研究者として身を立てることも考えていますか?

まあ、そうですね。今後、研究者として勝負するとなったら留学もしておきたいですね。
まだ分からないけれど、チャンスがあれば研究のほうで生計を立てていきたいとも思っています。
でも難しいのは、研究において唯一求められるのが成果なんです。
研究を続けて、思った通りの成果につながることのほうが少ないかもしれません。でも、その賭けと向き合わなきゃとは思います。

そうなんですね…。研究の世界に行くのはある意味、賭けの世界で生きて行こうということですね。

まだ深くは考えていないんですが、生まれかわっても、自分は理系の方が向いているとは思っています。
生物のことも興味持ってやっているし、この分野ではひとつのことをずっとやっていくんです。
自分のペース、自分の好きなタイミングでやっていけるのも魅力です。
とにかく、今はやりたいことをやると決めています。部活も研究も成果を出せるように、頑張ります!

自分のやりたいことにとってもまっすぐで素直な菅家さん。
大学から新しいスポーツを始めたことや、高校でも学んでいなかった分野を大学から学び始めてみるなど一見勇気がいることも「やりたいから」という理由で始められていました。
生まれ変わってもいまの研究がしたいと言えるほど自分の興味に素直な姿に思わずほれぼれしてしまいました…!

就活などで、好きなものがわからないという友人に多く出会いましたが、好きかどうかは一旦置いておいて、やってみたいかどうかが一番大事なのかも。
私ももっと熱くなりたい!

塾講師@代々木の求人一覧
ホールスタッフ@横浜の求人一覧

この記事のライター

みなみ

肌が黒めの女子大生。健康的にみられるも運動神経はゼロ・・・部屋にお花を飾るのが最近のブーム。初めて写真アプリに課金しました。

ユー&ヨーコのつぶやき

麺をこねて切って茹でて、だしを取ったスープに入れて食べるなんて誰が思いついたんだろう…神秘だよね…

ユー&ヨーコ

ユーの胃袋もなかなか神秘ヨ。

LINEで送る