2017年12月17日をもって「yuune」のサービスを終了させていただきます。
「yuune」をご利用くださいまして、誠にありがとうございました。

interview

突撃!東大発メディア「UmeeT」編集長に聞く、素材を活かす編集と料理とは

LINEで送る

「僕はメディアの編集以外にも色々とやっていますが、広い意味ではどれも編集をしていると思ってます。」東大発メディア「UmeeT」の初代編集長・杉山大樹さんのインタビュー第2弾です。編集と料理に共通するポイントって何だろう?手料理をいただきながら話を聞いてきました!

LINEで送る

手際がよくて見とれてしまいます

前編では東大発メディア「UmeeT」の初代編集長、杉山大樹さんWebメディアの極意を聞いてきました。実は杉山さん、シェアハウスで友達を招いて定期的に料理を振るまっているとか!

というわけで、後編では特別に杉山さんの手料理をいただきながら、ざっくばらんに杉山さんの人となりを探ってみたいと思います!

杉山さんが作ってくれたオムレツ

いただきまーす!...えっ、予想以上に美味しいです!すごい!!!美味しい!!!

あはは。良かったです。

杉山さんは定期的にシェアハウスにお友達を招いて「すぎ山食堂」を開いていらっしゃると伺いました。自分で食堂をはじめてみようと思ったきっかけってなんですか?

大学生になって飲み会に行くようになったら、あまりおいしくないお酒や料理に3000円くらいかけるようになるじゃないですか。「それなら俺に作らせろ!!!」って思ったことがきっかけです(笑)

たしかに、美味しくなくても3000円くらい払ってて、もったいないなと感じることはあります。あんまり外食はしないんですか?

そうですね。妥協しないようにしているので、外食するなら、「ここだ!」っていう美味しいお店にしか行きたくないんですよね。お店選びをミスった時、怒りが半端ない(笑)がっかりしたくないから、ちゃんと調べてお店を厳選するようにしています。

すごいな~!感情のこもり方が「料理人のそれ」ですね(笑)一人で食事するときも自分で料理するんですか?

手料理は、一緒に食べる人がいるとき限定ですね。自分ひとりのために料理はしないです。

え、意外!どうして?

自分が楽しいと思うことって、人を楽しませることなんですよね。自分を楽しませるだけのものには興味がないんですよ。料理も、編集も、誰かを楽しませられるように頑張りたいと思っています。

そっか、杉山さんは人を楽しませることが好きなんですね。

そうですね。僕はエンターテイメントが好きで、ずっとエンターテイメントをしていたい。高校では演劇を、大学では漫才をやってきました。

演劇をしたり、漫才をしたり、ライターとして記事を書いたり。杉山さんは、自分で表現することが好きなんですか?

いえ、僕自身は、特に伝えたいメッセージを持っているわけではないんです。僕は、想いを持っている人とか、やりたいことがある人、勉強しなくちゃいけないことがある人と、世の中の間に立って「じゃあこうしたらもっと面白くなりません?」って考えるのが好きなんです。

表現する人と世の中がつながるように面白くすること。それってまさに編集者ですね!

うん、そうですね。僕はメディアの編集以外にも色々とやっていますが、広い意味ではどれも編集をしていると思ってます。

「広い意味ではどれも編集をしている」ってかっこいい...。編集を意識するようになったきっかけとかありますか?

原点は、高校の時の演劇経験ですね。自分が舞台上で目立つことも楽しかったけど、リーダーとして一歩引いて舞台を眺め、しめしめとするのもいいなと思ったんです。「こいつ楽しそうにやってるな~!」って(笑)その経験が編集につながってるのかなと思います。こいつを見つけて、こう料理したのは俺や!!って。

なるほど、料理につながるんですね!

そうですね、そういう意味で素材を工夫する料理にもつながるものがあるのではないかと思います。

「素材」をいかに活かすかが編集者の見せどころですね...。ちょっとプレッシャーです(笑)最後になりますが、今、杉山さんってどんなことをされているんですか?

東大を2年休学して、仕事を2つしながら生計をたてています。一つは東大発メディア『UmeeT』をはじめとしたウェブメディアの立ち上げと編集。この前、京大のメディアを立ち上げるお手伝いをしました。今は、「若者が自分たちで作るオリンピック」をテーマに、オリンピックに向けたNHKの広報サイトの企画などをしています。

『UmeeT』以外のメディアにも携わっていたんですね!東大生なのに京大メディアを立ち上げたの、面白いですね(笑)もう一つのお仕事はなんですか?

もう一つは「ファシリテーション・場づくり」の仕事ですね。主に「大学生が高校に出張して進路のワークショップ授業をしている」一般社団法人Foraでファシリテーターをしています。参加者が主役になれるような場を作ったり、楽しい授業内容を作ったり。最近は他の団体やイベントでもお仕事をいただいたり、場の作り方を大学生や社会人の方に教える「ファシリテーション講座」を開いたりもしています。

みんなが発言して参加できる雰囲気の良い「場」を作ること。それも広い意味での編集なんですね。本日はどうもありがとうございました!

ありがとうございました。

杉山さんへお仕事を依頼したい方はこちらからどうぞ

ファミレス@池袋の求人一覧
居酒屋@渋谷の求人一覧


この記事のライター

浅田春奈

バイト代の使い道は本とマンガ。最近日本酒にはまってるけど、カロリーを考えて控えめに…お寿司に目がない。

ユー&ヨーコのつぶやき

杉山さんのオムレツ美味しそう...私も取材に行きたかったな...。

ユー&ヨーコ

まったく。動機が不純だワ。

LINEで送る

Job Quicker - スポットのアルバイト検索・バイト求人