various

プロバイターが語る、学部1・2年生が「タダでもやりたい仕事」をバイトに選ぶべき理由/トイアンナ

LINEで送る

ブログ「トイアンナのぐだぐだ」で一躍人気になったトイアンナさん!トイアンナ節が炸裂しているTwitterのフォロワー数は2万5千人。(もちろん私もその1人)就活、仕事の裏話から恋愛と結婚、ダイエットのことまで幅広く本音で教えてくれる。そんなトイアンナさんのyuuneでの連載、2記事目!今回の話題はバイトを選ぶ基準についてです。

LINEで送る

こんにちは、トイアンナです。

新春はバイトを考える最高のシーズン。スタッフの入れ替わりに伴って募集も多くなりますから「初心者歓迎」「時給〇円以上」と嬉しいキーワードが盛りだくさん。

ところが、です。楽に取れる単位やサークル情報は先輩へ質問するくせに「どのバイトがいいっすかね?」と相談する学生は少なくないですか? 

私は学生時代にバイトを10種類以上経験し、最高掛け持ちバイト数は5個。もはやプロバイターですが、やっぱり先輩には相談しませんでした。で……しょっぱい経験を沢山しました。

今までで一番ひどかったのはある家庭教師先。採用されてから生徒のお母さんがメンヘラだと判明し、目の前で泣きながらリストカットされたことがあります。このお母さんは私が辞めたら死ぬんじゃないかと思ったら、怖くて1年契約しちゃったよ。

そこまで極端な例は少ないにせよ、「飲食店はまかないご飯があってお得」「塾講師は時給が高い」などのふわっとした情報以外、なかなか手に入らないのが世の常。少しでもこの記事があなたのバイト探しの資料になればと思います。

■ タダでもやりたいバイト以外は家から近い順で選べ

いきなり結論ですが、バイトで優先すべき条件はまず「タダでもやりたい仕事かどうか」です。業種が面白そう、どうしても好きな作品作りに関わりたい。こんな理由で惹かれるバイトがあれば、都道府県を2つ離れた地域でも応募しましょう。

就職してからは「生活できるお金を稼ぐ」ことが仕事の主体になります。大手企業ともなれば内定への倍率は100倍から1,000倍。内定は宝くじに当たるようなもの。

ですから就活生は平均して50社以上も企業を受けます。ぶっちゃけ、50社全部が「行きたくてたまらん企業」なわけない。第一志望に落ちてまあこれでいいやと就職する方も多いわけです。

だったら、心の底からやりたい仕事はいつやるのか? 就活が絡まない大学1・2年のころしかない! ……というのが私の結論です。

■ 楽しすぎるバイトは、遠くてもやりたくなる

「心の底からやりたいバイトなんてあるのか?」と思うかもしれませんが、あります。

たとえば私は「葬儀業界のマーケティング」をやってました。は??? ってなるじゃないですか。応募したときは私もは??? ってなりました。けれどこの世には葬儀市場という、これから高齢化でグングン成長する市場があり、そこでシノギを削る葬儀会社があるのです。

謎の老人「生き残りをかける伝統企業。若さで馬力たっぷりに殴りこんでくるベンチャー。そこへ目を付けた商社の買収劇……葬儀業界はもはや戦場のありさまじゃったよ……」

っていうことを、調べてまとめる会社で働いていました。知らないことを毎日吸収できて、死ぬほど(冗談にならん)楽しかったです。唯一の欠点は、就活でこのエピソードを話した結果、ウラで面接官に「葬儀ちゃん」ってあだ名つけられたことくらいです。

その他にも「占いの受付」「愚痴聞き」「セブ島での経営企画」など、探せば楽しそうなバイトはどこにでも転がっています。タダでもやりたい! と思えそうなバイトが見つかったら、時給は忘れてプライスレスな経験を手に入れましょう。

■ 遠隔地のバイトは「通勤時間の時給」を忘れがち

と、好きなバイトを選んだところで気になるのが給与です。いくら好きなことをやれと言われても、時給あってのバイトです。

プロバイターのわたくしは、もしタダでもやりたい仕事がないなら「家から近いバイト」を条件の最優先にすることをプッシュします。

時給が高いからお得に見える家庭教師や塾講師。しかし家から遠いと通勤時間や準備に時間を取られ、結局時給に換算すると飲み屋のバイトとそう変わらないことがあります。家庭教師・塾講師は基本的に長時間シフトがないので、いっそ飲食の方が稼げるかもしれません。

遠隔地の時給3,000円より、近くの時給1,200円。寝坊しても間に合う、バイト上がりにすぐ準備して学校へ行けるのも近隣バイトの長所です。

■ 在宅バイトは組み合わせやすい

理想を言えば冒頭の「タダでもやりたいバイト」と「稼げるバイト」を組み合わせると、やりがいとお金の両方を手に入れられてなお良しです。

もし複数バイトを掛け持ちしたいなら、外と在宅バイトを組み合わせると無駄な時間が減ります。外バイトを掛け持ちすると移動時間が長くなり、自由時間が減ってしまうからです。

ベンチャー企業では「在宅可」で仕事を任せてくれるところもあるのでオススメです。

私が常駐する某ベンチャーでは、会議もオンラインが中心。SkypeやGoogle Hangoutを駆使して仕事を進めています。単純作業へ熱中できるタイプは、シール貼りやアンケート集計の達人になるのもよし。やりがいの在りかは人それぞれです。

「バイト、何にしよっかな」と思ったら、ぱっと見の時給より「タダでもやりたいほどわくわくするか」「移動の無駄をいかに無くすか」も考えつつ見つけてくださいね。

この記事のライター

学生時代はアルバイトを10個以上経験、最大5つかけもちしたプロバイター。
その後外資系企業で約4年勤務し、ライターとして独立。
ブログ『トイアンナのぐだぐだ』でファンを獲得している。

家庭教師@港区の求人一覧
在宅@白金の求人一覧

ユー&ヨーコのつぶやき

ブラックバイトってあれだよね、コンビニに売ってる、美味しいチョコバーみたいなやつ。

ユー&ヨーコ

ユー、それはブラックサンダーよ…

LINEで送る