2017年12月17日をもって「yuune」のサービスを終了させていただきます。
「yuune」をご利用くださいまして、誠にありがとうございました。

various

【仕事とレンアイ♡知りたいホントのとこ 第二弾】仕事から学ぶイイ女術?!/ハヤカワ五味

LINEで送る

前回は「仕事と恋愛のバランス」について記事を書いてくださったハヤカワ五味さん。今回は「仕事から学ぶイイ女術」を教えてくれるらしい。「仕事ってボサボサヘアーになったりクマができたり、イイ女イメージとはかけ離れてるんじゃ…?」そう思ってるそこの女子大生には必見!イイ女って外見だけじゃ作れない。そう、私たちは内面からイイ女にならなきゃなんです。仕事から学ぶその術をぜひご覧あれ。

LINEで送る

こんにちは!今回は、「仕事とレンアイ♡知りたいホントのとこ」の第二弾として、仕事から学ぶイイ女術(?!)というテーマで書いていきたいと思います。
私は高校生の頃から物作りを始め、販売などをしていく中で様々な人とお会いし学ぶ機会がありました。正直、今、その当時のことを考えると「なんて最悪な奴だ!!!」と思うくらい、自分は世間知らずで何の気遣いもできてなかったなと感じます。でも、そうやって過去の自分を何で?!って思えるくらいにはこの数年で様々なことを学び、自分の糧にしてきました。様々学んだ中でも特に"人との接し方"は仕事という範囲を超えて、自分の人生を思い通りに生きるという広い意味での"イイ女になるため”に生きてきているのではないかと思います。

今回はその一部として、仕事や私生活でミスがあった時の向き合い方について話してみたいと思います。

世の中の、何か大きな一歩を踏み出せない人って、多くはミスが怖くて進みだせないんじゃないかなと思っています。ミスが起きた時に、誰かとの関係が悪くなってしまうのが怖い、だったりとか、自己嫌悪に陥るのが怖いだったりとか。まだ起きてもないことを想像し始めると、怖くてあと一歩を踏み出すのがなかなか難しいですよね。

ただ、私が仕事をしている中で気づいたことがあります。色々なミスはあるけども、世の中大抵誰も悪くない、ってことです。
もちろん、悪意があればダメですけど、そうでなければ自分が絶対的に悪いというようなこともないかなと思います。
経営者として仕事をしていると、様々なミスやアクシデントに毎日出会います。それは自分の近くであったり、スタッフの近くであったり。私生活でも勿論色々ありますよね。友達がすごく遅刻してきたのに謝る気がなかったり、彼氏のプレゼントが希望と全然違かったり…。そういったことでイライラしてしまう人も多いと思います。

しかし、イライラと感情的になると、ミスの原因はミスの近くにいた人ではないかと一方的に考えてしまい、何の解決にもならないのにその人を責めたくなってしまうことがあります。言ったところでどうしようもないと分かりつつも、原因が自分でないのなら貴方でしょうと言わんばかりの大きなイライラが降ってきてしまう時、ありませんでしょうか?
しかしそういった時に、冷静にミスが起きた原因を分析していってみると、大体のミスはタイミングの問題だったり流れの問題だったりします。

私自身、こういった経験があります。
昨年、仕事を任せていた人間に突然飛ばれたことがありました。その当時は、なんて酷い人間だったんだと感情的になっていましたが、少ししてから考え直すと単にうちの仕事とその人の相性が悪く、それを他の人に言えない性格だっただけなんだなあと思いました。辞めた後だったので後の祭りだけれども"出来ないことやミスがあること=その人の人格の問題"などという安直な考え方はしちゃいけないし、分かっていてもしがちなことなので、反省しつつ今でも心に留めています。きっと、そういった考え方ができなかったら、今でもスタッフと上手く付き合えてなかっただろうし、ただ、毎日人のせいにしてイライラするばかりだっただろうなあと思います。

更に、これは身体的なことでもありえます。
例えば、私はすごく健康体でほぼ全く風邪をひかないので、風邪を引きがちな人を見ると「なんて健康管理ができてないんだ?!」と思ってしまっていました。しかし、人それぞれ体調や体質はバラバラなもので、熱が出やすい扁桃腺持ちの子や気圧で具合が悪くなってしまう人もいます。でも自分以外のことになると、意外にそういったことまで気が行かないものなので、私は何かしら揉めそうになった時は彼、彼女の意思とは別のところ理由があるのではないかと一度考えてみるようにしています。

以上のような経験から、私は人と接する際の自分の認識を改めることができました。
何かソリが合わないことがあっても、相手自身が悪いのではなくその間にある”相性”がたまたま悪かっただけだと思うようにする。何かハプニングが起きても、しかるべきタイミングで起きた出来事だとポジティブに受け取り、原因は誰かではなくタイミングや巡り会い的なものだと思うようにする。何か思い通りにならないことがあっても、基本は思い通りにいかないし、どうなるかは自分の実力等だけでなく運の問題もあると思うようにする。そういった寛容さのようなものを覚えられると、一気に自分以外の人たちと真摯に向き合えるようになり、よりお互い心地よく深い付き合いができるようになるのではないかと思います。
人と人との関係は、人と人だけのものではないと思います。

その人々を取り巻く環境、その間に流れる空気、その他タイミングなど色々なものが複雑に絡まりあって2人の関係が出来ていきます。そのような人との付き合い方を自分なりに解釈できて、より人との付き合いを大切にすることができたら、それは仕事だけでなく恋愛だけでなく家族だけでなく、様々なことに生きてくる基本中の基本として色々な場面で役に立ってくれることでしょう。ということで、今回は仕事を通して学んだ”イイ女術(?!)"について書いてみました。
イイ女の第一歩は人と向き合うことから始まりそうですね。次回の更新もお楽しみに。

アパレル@池袋の求人一覧
アクセサリー@渋谷の求人一覧

この記事のライター

1995生まれの21歳。東京出身、多摩美術大学グラフィックデザイン学科3年/広告専攻、株式会社ウツワ 代表取締役。
高校1年生の頃からアクセサリー類の製作を始め、プリントタイツ類のデザイン、販売を受験の傍ら行う。大学入学直後にワンピース等の《GOMI HAYAKAWA》、2014年8月には妹ブランドにあたるランジェリーブランド《feast》を立ち上げ、2016年夏には累計販売枚数1万枚突破。

ユー&ヨーコのつぶやき

ハヤカワ五味さん、大人だなぁ・・・

ユー&ヨーコ

経験があるからこその説得力のある話だったね。

LINEで送る

Job Quicker - スポットのアルバイト検索・バイト求人