2017年12月17日をもって「yuune」のサービスを終了させていただきます。
「yuune」をご利用くださいまして、誠にありがとうございました。

various

恋は切なしバイトせよ乙女  第八夜「出会いは映画館にある」/カツセマサヒコ

LINEで送る

ライター・編集者として活躍する傍ら、Twitterを日々賑わせているカツセマサヒコさんの妄想連載、第八夜! 今回は、映画館での出会いをお届けします。ゼミやサークルで忙しいかもしれないけれど、恋は切なし、バイトせよ乙女っ!

LINEで送る

学生時代のうちに
やっておいたほうが
いいことって、
なんですか?

という質問をよく受ける。

僕はこれに、
「うらやましい」と思ったことを、
全部やったほうがいい。
と答える。

自分が大学生だったころを思い返すと、とにかく何者かになりたかったし、隣の芝が青く見えて仕方なかった。「アイツ、なんかムカつく」と思ったらそれは大体嫉妬から来ていたし、焦燥感は終ぞ消えぬまま4年経って卒業した気がする。

だから、やりたいことは全部やろう。
そして、それが「映画館でアルバイトしてイケメンと恋に落ちる展開」だとしたら、実現するために今すぐアルバイトを始めてみてはいかがだろうか。

女子大生すぎる貴方のために、「映画館の受付アルバイトでの妄想劇」を考えてみた。

出会いは映画館にある

貴方は映画館の受付スタッフになった。
理由は「なんかオシャレそうだったから」。そして「映画館で恋に落ちたらロマンチックだから」である。

ところが、いざ勤務を始めてみると、なかなかロマンチックな展開は訪れない。
むしろ、クソ腹立つブリブリブリッ子女子と自分好みの竹内涼真系男子があろうことかお互いの体をベタベタ触り合いながら、

女「ペアセットくださーい。あ、ポップコーンはハニーキャラメル味でー」
男「コラコラ、君が一番ハニーだよ」
女「やだもう、ダーリン! 今夜もベッドでラ・ラ・ランドしてあげちゃうっ!」

なーんてイチャコラ寸劇を見せ付けてくるものだからストレスは常時沸点を超えた。

しかし、接客にも慣れてきたある日のこと、とうとう運命の出会いは訪れる。

身長180センチは超えた男性二人組。ひとりは茶髪で、前髪が目にかかるくらいのぼさっとした印象。ベージュのトレンチがよく似合う男。もうひとりは黒髪で、前髪をアップした男子。目力が強くて、吸い込まれそうになる。

タイプは違えど、どちらもイケメン。周りにいた女性客も何度か振り向いているから、客観的に見ても華やかに見える二人なのだろう。

(ああ、こんな二人からもみくちゃにされたい。同タイミングでデートに誘われたり、クリスマス何してる?って時間差で連絡きたりして一生悩まされて生きてみたい。そのあとあんなことやそんなことまで起きてしまって、私のジャックバウアーが24時間じゃ足りないくらいミッション・イン・ポッシブルしてみたい)

そんなことを妄想し始めたものの、ふたりはホットコーヒーと紅茶をそれぞれ注文。とくにこれといったやりとりはなくお釣りを渡すと、義務的な笑顔を振りまいてその場を去っていく。

(ああ、彼らからしたら私も、「その他のオンナ」のひとり、か……)

意気消沈しかけたときだ。黒髪男子が、一度だけ振り返った。
その表情は、決して余裕たっぷりといったものではなく、少し戸惑った、まるで子犬のような瞳で、何かを訴えかけてくるようなものだ。

(あれ? どうしたのかな? お釣り間違えてた?)

肝心なところで鈍感な貴方は、彼の好意に気付いていない。扉に吸い込まれていく彼等を見送ると、ハルク似の男性と峰不二子似の女性がペアセットを頼んでくる。なーにが「味は塩とキャラメルのハーフ・アンド・ハーフで」じゃ。ピクルス食ってろ。

マッドマックスならぬストレスマックスな貴方は心の中で罵声を全力投球しながら接客を続ける。しかし、奇跡はハルクと峰不二子が去った直後に起きた。

「あの! おれっ……!」

先ほど振り向いた黒髪イケメンが、肩で息をしながら、目の前に現れたのである。

ビーッ! ビーッ! ビーッ! パターン青!! 先ほど振り向いた大きな瞳の黒髪イケメンです! 総員戦闘配置ッ! なっ!? 第4防衛ラインまで一気に崩壊しただと!? パイロットは! パイロットは無事か!? よし! LOVEずっきゅんモードに速やかに移行! これ以上は押し切られるな! 行くぞ私ーーーーーーーッ!!!!!!!!

完全に舞い上がる脳内。沸き立つ心のオーディエンス。貴方は拳にぎゅっと力を入れると、乙女な眼差しを以て彼に返事をする。

「いかがしましたか?」

彼は少し戸惑いながら、やや俯き気味に紙ナプキンを差し出す。

「これ……連絡先……。よかったら、連絡くださ…

君の膵臓を食べたーーーーーい!!!!!!!!!!


……以上だ。

乙女諸君。読んでいただいたとおり、出会いは、映画館にある。

いろんな言い訳を並べて恋もバイトも消極的になってしまうかもしれないが、大学生という時期はとても

限られた時間を思いきり楽しむために、素敵なバイト生活を送ってみてはいかがだろうか。

ユー&ヨーコのつぶやき

映画館でバイトしたらポップコーン食べ放題かな?

ユー&ヨーコ

色気より食い気ね…

LINEで送る

Job Quicker - スポットのアルバイト検索・バイト求人