interview

【インタビュー】私がSFC生たちの情報交換コミュニティを作った理由。(後編)

LINEで送る

「何がやりたいかというと、多様な人が活きることのできる社会をつくっていきたいと思っています。」そう話してくれた慶應SFCの卒業生・土肥梨恵子さん。前編に引き続き、コミュニティの形成に関心を持つようになったきっかけや、これからやりたいことについて聞いてみたいと思います!

LINEで送る

前編では、慶應SFCの情報交換コミュニティを立ち上げたきっかけやSFCへのあたたかい想いについて話してくれた土肥梨恵子さん。

後半では、彼女が「場」を通して人が変化することに関心を抱くようになったきっかけや現在のお仕事についてインタビューします。

前回のインタビューでは、様々な「場」を通して人が変化することに興味をもっているというお話を伺いました。だからこそ、情報交換コミュニティを立ち上げたり、ゼミの運営をしたりとコミュニケーションの「場」の形成をしていらっしゃったんですよね。そもそも場を通して人が変化することに興味をもつきっかけについて教えてほしいです!

きっかけは、高校2年生のときに「カタリバ大学」に参加したことですかね。色んな分野の人や、自分と同い年なのに頑張っている人に会ってすごくびっくりしたんです。でも、それと同時に自分も1人の人間として何かできるかもしれない!と思うようになりました。ああいった「場」を通して自分自身が変化したと思っています。

なるほど、「カタリバ大学」という「場」を通して、土肥さんご自身が変化する体験をしたんですね!

はい。あと、高校生の時にちょうどTwitterとかFacebookが流行り始めたんですよね。SNSを使って、留学中の子とか色んなところで頑張っている同世代と出会えて影響を受けました。

オフラインだけでなく、オンラインの「場」を通して自分が変化するという体験もなさっていたんですね。ところで、土肥さんってSFCを卒業なさった今、就職なさってるんですか?

いや、もともと就活はしていなくて、卒業後もSBC(Student Build Campus)にもうちょっと関わるつもりでした。でも、ずっと大学生でいるのも違うかなって思うようになって。というのも、卒業前にある先生から「卒業するのも後輩への大事なメッセージだよ」と言われたことがきっかけです。自分がいなくなることでみんなは困るだろうけど、結果としてお互いの成長につながるかなと思えるようになりました。それから今まで関わっていた鎌倉でカマコンバレーに関わりはじめ、会社をやめた友達と北鎌倉の古民家を借りて「ミライエ」というイベントスペースを運用するようになりました。以前は鎌倉とSFCの2拠点で活動していたんですけど、今はミライエに寄せて活動しています。

北鎌倉のコワーキングスペース「ミライエ」

「日本の未来が生まれる家 ミライエ」
北鎌倉駅徒歩3分。石階段を上がったところに佇む、鎌倉の自然に囲まれた、築75年を超える古民家。イベントや会議での利用など幅広くお貸ししています。お気軽にお問い合わせください。

引用 : https://www.facebook.com/kamakuramiraie/

へー!ミライエ、いいですね。使ってみたいです!

ぜひ!学生も使えます!

「ミライエ」の外観

土肥さんはこれからどんなことをやりたいと思っているんですか?

何がやりたいかというと、多様な人が生きやすい社会をつくっていきたいと思っています。一人ひとりが自己受容できるようになれば、他者をも受容できるようになるはず。だから、私はそれぞれの人の役割を全うする仕組みや社会を作りたいと思っています。そうすれば色んな人がそこにいていいんだよって思えるようになる。そんなことをいつも考えています。

素敵ですね…。そう思うようになったのはなんでですか?

高校時代が影響しているのかな。母校にはシングルマザーの子もいたし、色んな背景の人がいました。みんなが京都の大学に行く中で、自分は私立で1人暮らしをさせてもらったりしたりして。自分は恵まれているな、と思う機会が多かったので、自分の価値を誰かに還元したいなと思うようになりました。

インタビューを通して見えてきたのは、土肥さん自身が得たものを他者に還元しよう姿勢や、人を純粋に応援したいと思える優しい気持ちでした。土肥さんの目指す「多様な人が生きることのできる社会」を見てみたいです!

古民家@東京の求人一覧
カフェ@鎌倉の求人一覧

この記事のライター

さねあつこ

荒俣宏さんみたいな人になりたいです。
twitter<https://twitter.com/trhbi

ユー&ヨーコのつぶやき

就職しないって選択肢もあるんだなあ。どういう人生を選ぶか、私も考えなきゃなぁ。

ユー&ヨーコ

いつになく、ユーも真面目ね。

LINEで送る